ゼルダ無双 厄災の黙示録

クリアしましたので感想を投下。

以下ネタバレ全開要注意!!

  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行

ゼルダシリーズには格別の想いがある私ですが、前作の「ゼルダ無双」は所謂「お祭り騒ぎ」そのままだったので、それほど響かなかったんですね。んで今回はどうなるかなーと思ったら、まあ、PV の時点で「これはプレイしないと死ねない」という手応えを感じて、ひとまずエンディングを迎えた現時点でも、ああ、いいゲームだった、という素直な気持ちになっています。

このゲームの素材となっているブレワイ(と DLC「英傑たちの詩」)は、任天堂の作品として綺麗に最後まで丁寧に作られており、出来のいい作品の歴史改変ネタには、普段かなり否定的な自分にとって、本作品の発売前はだいぶ懐疑的でした。こんだけ綺麗にまとまってる作品は、もういじらなくていいんじゃないのこれ?って感じで(こう見えても意外と繊細なんだヨ)。だって、ハイラル王も英傑たちも死んでるからこそ胸を打つのだと。それを安易に生き返らせるような展開だったら幻滅するなあと、プレイ前はぶっちゃけそんな感情でした。ブレワイは過去の厄災で、ハイラル中がすべてを失った中でリンクが孤軍奮闘する作品だった(ゼルダシリーズだし)ので、前作の無双がいまいち好きになれなかったのも、その辺りの感情が大きかった。

んで、プレイ後の感想としては、、、「ブレワイプレーヤーが望んでいたものがすべて詰まっていた」という、シンプルなところに着地しました。なんだかんだ言って英傑たちの活躍する姿を見たかったし、カースガノンに負けて欲しくなかったし、ゼルダには100年越しの苦労をしないで欲しかった。それらがすべて覆った上に、100年後の子孫たちとの共闘まで実現した本作(カースガノンに負けそうなときにそれぞれの縁の子孫が助けに来るなんて!!ちょっとドラえもんの映画っぽいよね)は、公式公認の if として、正当な作品として扱われることになるんだなと納得。展開としては意外性はないが、先に書いたとおり、ファンが望んでいたものを積極的に体現するのは王道中の王道で、これ以外にまとめる方法はなかったんじゃなかろうか?このへんはすごく議論があったんだろうと思うけど、軸がブレることなくまとめ切った開発者の皆様には心からの称賛を贈りたいと思います。

ストーリーの考察についてはまだテラコを修復できてないので、考察班に譲るとして、自分はテラコの中身はゼルダの母親と思ってたんですね。結果的にはゼルダが子供の頃に作った(?)個体で、母親の子守唄を覚えてたみたいなんだけど、まあ、このへんは修復できたときになにかわかるかもしれないので保留とします。

残りの細かい点をいくつか列挙。

  • 100 年後のリンクはなぜ助けに来なかったの?→まだ回生の祠で寝ていた?でも100 年後の子孫たちが英傑の服を着ていたので、厄災の最中か後のはず・・・(追記→100 年前のゼルダが作ってあげた?)
  • 期待していたカッシーワの師匠は出てこなかった。ちょっと冗長になるからかなー
  • ミファーの声の印象が「こんなに甘ったるかったっけ?」って感じだったけどこんなもんだったかな
  • 「ハテノ砦」がかなり難しくて実質的なラスボスだった(イージーでこれだとそのうち修正されるかも?)
  • 後半は中ボスなどの敵が硬すぎて無双感がちょっと薄れたかなー
  • クリア後にブレワイ本編と「英傑たちの詩」のムービーを見るとかなり泣けるのでオススメ
  • ブレワイ本編と if がこれだけうまくハマった無双としてはかなり高評価ないんじゃないかなー

最後に、評価としてはプラス点をすべて足し合わせると40兆点となります!!!ありがとうコーエーテクモ!!!

リアル ネコチャン! チャレンジ開始

私は基本的にサイコパスだが、実はBS番組の「世界ネコ歩き」の新作を欠かさず見るほどのネコチャン!好きでもある。しかし、コロナ禍前の生活では、なかなかネコチャン!を飼うことも難しいと思われた。

特に公表もしていなかったが、わりと長い間、妻を中心に、保護猫のことを調査していた。殺処分をゼロにしようと奮闘するボランティア活動のテレビ番組などを見たりして、自分たちもなんかできないかなあと漠然と考えていた。まあ、夫婦2人ともフルタイム労働なので、なかなか踏ん切りがつかなかったのが事実だ。

で、突然のコロナ禍がきた。飼い主はテレワーク前提になったので、基本的に家にいる状態。不幸にもコロナは現時点では全く収束の気配がない。ネコチャン!、しかもコネコチャン!を飼えるチャンスは、年齢的にもタイミング的にも今しかないという結論に至り、一気に行動に移すことになった。

さて、コロナ禍において、ペットを飼いだす人が増えたらしい。しかし、安易な動機で飼い始めたものの、可愛いだけじゃないペット達の行動に手を焼いて、身勝手に手放す人もいると聞く。命を預かる以上、その覚悟が自分たちにあるのか?と、悩みに悩んだが、やらないよりはやってみるしかない!という結論。

昔はペットと言えばイッヌだったし、自分も実家時代は何匹か飼っていた。しかし、猫は飼ったことがないため、情報を集めに集めて、いよいよ譲渡会に参加してみることになったのである。これが約2週間前のことだった…

-つづく -

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

題名のゲームをクリアしました。初出はだいぶ前のゲームなのでネタバレ考慮はしません。

自分の聖剣歴は実はとても浅く、これまでクリアしたのは「聖剣伝説2」だけ。あとは全部投げたかスルーした。当時「聖剣伝説3」が出たときは、「聖剣伝説2」自体も菊田さんの音楽も結城さんの絵もとても好きだったのに、なぜかスルーしてしまった。自分には珍しくあまりゲームをプレイしていなかった時期に重なったのではないかと思う。ともあれ、奇跡的なリメイクによってはるかな時を経てプレイできたのは貴重な体験であり、ここに雑ながら感想を記すものである。

さて今回のリメイクのメインはリースであることは明白でした。あの造形は当時のプレイヤーたちを手当たりしだいに魅了して、同人誌やコスプレイヤーの裾野を大いに広げたと言われる伝説のキャラ(伝聞調)。あとでそのブームを知った自分はたいへん悔しく思い、当然主人公に据えてプレイを開始した。印象としては、ちょっとサービスし過ぎではないかな・・っていうか君ってアマゾネスだよね?アマゾネスの振る舞い分かってるの?あ、他人事のようだけど、アンジェラももう少し考えて行動しような?と思いました。前フリここまで。

これは当時のゲーム(特にスクエニ)に良く見られたのだが、どのキャラも主人公、という、ゲームに飢えた我々 vs 長くプレイさせたいメーカーとの対立があり、幸か不幸か、リメイクである本ゲームをそれを忠実に再現していた。なので、良く言えば豪華、悪く言えばなんか中途半端という印象だった。前者は当時はすごかったと思われるし、ここまで豪華なリメイクをされるに至った人気を支えた要因に違いない。しかし、後者が特に顕著なのがシナリオで、RPG の王道的な展開がそれぞれのキャラで展開されるけど、なんかこう、6人全員を立たせるためのシナリオの整合に苦労している様子が見られ、最後まで盛り上がりに欠けた印象は否めない。それぞれ敵を討ち取って目的を達する、というのが6人分あるんだなあと思うと、うおお燃えるぜー的な感情は最後まで湧いてこなかった。

また、全体的にセリフが古めかしいというか、懐かしさあふれるというか、、特にリースがすぐに「もうだめだー」的な泣き言を言ってフェアリーに嗜められ、30秒後には立ち直るという、メリハリに欠ける会話が多かったのも、気分が削がれる一員だった。あと後半になると「お金が貯まって嬉しい」という発言を仲間全員が言い出すのも、「君たちそんなにお金と回復アイテムに苦労してたの??」と萎えた。あとは裏ボスの前に「クラス4になれば倒せる」「ええっクラス4に!?」的なメタ会話があったけど、なんだよクラス4ってそんなのゲーム内のキャラに言わせる必要あります??とか突っ込んでしまった。まあ我ながら野暮なツッコミであり、製作者側としては、オリジナル版の雰囲気を保ちたかったんだろうなと思うことにする。

アクション部分については、比較的易しい難度ながらも、考えなしに殴るだけではボス戦は絶対に負けるというバランスで、聖剣2の発展型で、良くできているなあと感じた。ボスのギミックとか範囲とかの予告があるのはFFXIVっぽくもあったな。操作しないキャラが賢すぎずに程よく戦ってくれるのは良かった。いざとなれば3人を高速で切り替えれば良いし。

んでストーリーの間延び感を補ったのは菊田さんの素晴らしい BGM 群で、ゲーム本体は買わなかったけどサントラは買っていた身としては、2から続く多国籍的な音色に、あーええ曲じゃのう、、胃に効くわ、、という感じでプレイのモチベを保つ一因となってくれた。原曲のイメージを崩さないアレンジも素晴らしかったです。オチはないですが最後にクリア時のメインキャラたちの印象を述べて筆を置くことにします。

リース→プレイ前後で私の中でもっとも印象が変わったのは貴方です。お疲れさまでした。

アンジェラ→最強魔法キャラに育てきれなくてすいません。来世では必ず育てます。

デュラン→最初はどうかなーと思ったけど、ナイトルートで育てた貴方は立派すぎました。回復魔法ありがとう。

フラミーでんでん太鼓もキミもかわえかったで…

グノーシア

表題の人狼ゲームをクリアしましたので感想を投下。Switch版。

以下ネタバレ全開要注意!!

  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行

まず自分は人狼に限らず、対人ゲーム全般が苦手であるので、ひとりで人狼ができるのは大変ありがたかった。ただ、序盤は超少ないヒントからグノーシアを当てなければならず、何もしてないのに投票で吊られたり夜に襲われたりでさんざんで、どこが面白いんだろうか?と悩んだりもした。序盤を抜けると、メンバーが増えるとともに、自身のレベルアップでスキルが備わっていくため、ある程度レベルが上がると吊られにくいうえに吊りたいヤツを狙いうちで乗員を扇動してガンガン吊れる(リアルの人狼はスキルが一切ないので大変つらい)ので、そこまで乗り切れるかがこのゲームを楽しめるかどうかの分かれ目になりそうだ。

ストーリーは SF 的に多次元宇宙がどうのこうのという感じで「んで結局どういう話なの?」という部分は、ある程度想像しないといけないため、そういうのが苦手な自分には三割も理解できていないです。世間の考察も読み切っていない現時点では、とりあえずお気持ちで「なんかすごかったわー」ということにしておきたい。しかしたぶん SF 好きの人にはとても相性が良いと思う。

直前に「レイジングループ」をプレイしていたので、AI で動く各キャラの言動は「どうして!?」と思うし、イベントループを使ってもイベントが発生しないこともあったりして、すんごく深く楽しむゲームではない。要するにメインはカジュアル人狼であるため、空いた時間でチマチマ進めるのが良いゲームなのだと思う。

クリア時のループ回数は 128 回でキリが良かった!ということで評価としては 65536 点です!!

レイジングループ

表題の人狼アドベンチャーゲームをクリアしましたので感想を投下。Switch版。ネタバレしない範囲で先に言っておくと神ゲーでした。人狼好きならやって損なし!!

以下ネタバレ全開要注意!!

  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行

自分の推しはめー子だ!!!!

さてプレイ前は「アドベンチャーゲーム人狼って?」という印象で、実際に人狼モードに入るまでは、うーん、よく分からんなって感じだったけど、ルールに沿った展開が始まってからは、人狼を中心に話を丁寧に広げつつも最後にはまとめきっており、なるほどこれは頭のいい人が書いたシナリオだなと感心しきり。主人公がここまで頭がキレるゲームは珍しい。

人狼関連については、一般的な人狼ゲームのセオリーを織り交ぜつつ、3通りの配役を最後まで堪能させる作りで、ここだけでも製作者のアイデアの勝利。主人公の論理的な言動の裏付けが加わり、納得の仕上がりとなっている。一番面白かったのは、やはり自分が人狼になったときで、敵に回すとウザい連中を早くくくらねば!!ふさゆきがんばれや!!!と力が入りまくった。ゲームの進行は、紆余曲折ありつつも、最終的には「日頃の人間関係が物を言う」と言い切っている点も好感度高い。身も蓋もないけど好感度高い。

さて、作品の根幹の3神のお話。これは最終ループ前にふさゆきさんも言ってたとおり、俺たちは人狼やってればよかったんじゃないのー!感があり、蛇足といえば蛇足だけど、これがなかったら数多の作品に埋もれてしまったと思うし、大風呂敷を広げながらも、ちゃんと畳みきったのはお見事だった。まあ、めー子だけは賛否両論ありそうだが。。

神への信仰心、日本古来からの昔話、地域格差が絡んだ人間関係の陰湿さなど、この作品は日本人じゃないとすべてを感受できないと思われる。思い込みによる誤解とか、信心が神の力になるという点は「大神」や「ひぐらしのなく頃に」を彷彿とさせたね(未プレイなら併せてプレイされたい)。

テキストについては全体的に良質で、短くも読みやすく、特にメタ的なツッコミが冴えまくっていて、その時点でのプレイヤーの心情まで読みきったような描写とセリフが随所に現れていたのは本当に感心した。同じシナリオライターの他の作品も今後是非プレイしてみたい。本編だけでもボリュームが有るのに、暴露モードとエキストラシナリオもあって、ライターは相当器用な人だなあと想像できる。

声優さんたちの演技は物議を醸しそうだったけど、自分はサイコパスであるし、過去にも様々な作品を経験していたので、この程度ではまったく効かないし、むしろ上手い人が多くて良かった、と書いておく。めー子の演技は特に素晴らしかった!!

以上、評価は厳し目で100点中2000点となります。

(追記) エンディングのバイクのシーンって「中山美穂のトキメキハイスクール」のオマージュだよね??

イースVIII -Lacrimosa of DANA-

VIII -> 8

ということで「イースVIII」をクリアしたので感想を投下。以下ネタバレ全開要注意!!

  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行

買ったあとに知ったのだけど、今回はアドルとダーナのダブル主人公。しかもPS4版でダーナ編が色々追加されたらしい。Vita版のときはダーナ時代は空気だったようで、今からプレイするならPS4版が正義のようだ。なお自分もPS4版。

アドルはまあ相変わらずいてもいなくてもいいような中性的な存在なので放置するとして(ひどいな)、ダーナのお話から。

アドルを遥かに凌ぐ身体性能とサバサバした性格が相まって、主人公を張るキャラとして大変良かった。過去の行いが現在に影響するギミックは、言ってみればゼルダっぽくて真新しさはないんだけど「もうひとりの主人公」の演出としてハマっており、お見事と言うしかない。朴念仁アドル以外のキャラとしては、イースシリーズ史上最高だったのではないかな。最後の最後に女神になるあたりは「イースI/II」のオマージュなんだろうなと思うし(あちらはもともと女神だったけど)、ここまでの厚遇は、シリーズの転換期とも感じます。

ストーリーは、ダーナが仲間になる辺りまでは、色々と謎も残っていて実にうまいなあと思ったんだけど、後半はやたら話が大きくなって「ゼノブレイド」とか「ペルソナ4ゴールデン」を彷彿とさせるような長さでややウンザリ。もう少しあっさり終わって欲しかった気もするけど、いまどきだとこれくらいのボリュームじゃないと話題にならなかったかも。アドル的にはハーレムエンドでもなく、ダーナ的にはハッピーエンドでもなく、んーでもなんか心地よい読後感が残るということで、良ゲーなのではないかと個人的には思う。

アクションは大味だけど、スピード感と爽快感があってストレスがまったくないフロムゲーのような仕上がり。直前に「イース7」をプレイしていたので、ちょっとストレスだった部分が完全に解消されていて、うーんすごいなと。まあでも後半の古代種の強さはちょっと反則かなあ。恐竜のくせに遠隔攻撃してくんなよ。。そいえばボス関連は、回復手段が増えたおかげで力押しがガンガンできるようになったので、ノーマル設定では詰まるところはなく、かといって楽勝でもないので、バランス調整が絶妙だった。

余談だけど「イース7」は「空の軌跡」シリーズっぽさが凄かったけど、今作は味わいがだいぶ変わってた。最近の軌跡シリーズは未プレイなのでわからんけど、もしかしたら、最近のファルコムっぽさの集大成なのかもしれない、と、適当なことをいっておく。

音楽はさすがのファルコムで文句の付け所がなかったですしサントラ買います。そいえば「Iclucian Dance」って「Theme of Adol」っぽいよね?え、そうでもない?

総括。評価としては8億点です!

十三機兵防衛圏

話題のゲームをクリアしましたので感想を書いておきます。お気に入りは南奈津乃さんです。以下ネタバレ全開要注意!!

  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行
  • 改行

結論:日本人ならプレイしろ!!

いきなり結論を書いてしまったが、このゲームの内容を心から理解できるのは、日本生まれの日本育ちだけだと思う。日本の古くからのサブカルチャーである、特撮(怪獣)、SF小説、アニメ、ゲームのオマージュが盛り沢山。製作者があえて日本人に向けたゲームとしか思えない。加えて、このゲームには、外国人が一切出てこない。洋画ネタは出てくるがあくまでもオマージュだ。2188年以前に、戦争かなんかで日本人以外は全滅したとかそういう設定なのかな?(ナノマシン戦争とかそんなの?)なんせ人類滅亡寸前の15人に外国人が一人もいないってのは不自然なので、敢えて廃したとしか思えないしね。

本作は要するに我らがヴァニラウェア製の豪華映像キャラモーション付きライトノベルタワーディフェンスのゲームだ。ストーリー進行に分岐はなく、選択肢もないので、アドベンチャーゲームというわけでもない。「街」「428」のようなバッドエンドや、各キャラ同士がお互いに密接に進行に絡むわけでもない(最終戦まで面識すらないキャラ同士も居るかな?)ため、本編は劇場アニメクオリティの動画で進行するライトノベルだ。タワーディフェンス部分も本編を補うもので、すごくやり込み要素があるものでも(普通に進める上では)ない。なので、ゲームシステム的には真新しいものはないけど、製作者の狂気により、「そんなこと誰もやらんだろう」という怨念すら感じる細部にわたる作り込みにより、ゲームシステムなんてどうでもいい、と思ってしまうところがとにかく素晴らしいのだ。もちろんシステムが悪くても良いなんてことはなく、ヴァニラウェアならではのヌルヌルしたUIと操作性の快適さがあっての上だが、それを感じさせないのが素晴らしいのだ、と言いたい。

終盤まで何が起こってるかがわからないメインストーリーは、敢えて言えばよくある王道のSFなので、恐らくこういったSF作品を嗜んでいる人の中には、途中で真相に気づく人もいるだろう。自分の場合は、タイムスリップはしていない、操縦者はコクピットから出ていない、というところまでは想像できたが、2188年とそれ以降の年代(テラフォーミング期)の関係が想像できなかった。というかクローン人間はちょっと反則じゃないかなあと思っている。ただ、AIとクローンと生身の設定をうまく組み合わせているので、よくこんな話を思いつくなあと思ったし、最終的に、ぜんぶ辻褄が合っている!!!すげえ!!という体験ができただけで、元値は十分に取れた。閉鎖空間的な設定としては「Ever17」とか「スーパーダンガンロンパ2」とかを連想したけど、それらを軽々と超えた感じもする。

話的に全部ケリが付いて、ここを守りきれば勝ちだ!!というクライマックスの流れから最終戦のBGMのアツさと言ったら!!最後の最後にOPの歌が入ったところでもう半泣きで!!こんなのカッコ良すぎるだろ!!俺は絶対負けないからな!!!って思ったもんね。ここはゲーム史に残る名演出&名曲になったと思う。崎元さん(だよね?)もやってくれたなー。なおプレイ時の難易度はカジュアルで、負けるのが難しいレベルだったことをここに記す。

キャラについて。声優さんが全員上手く、ヴァニラウェアの技術力と併せて、現時点で最高の2D映像になっていた。特にうえだゆうじさんの和泉と柴としっぽの演じ分けは、本当に本当にお見事だった。柴に至っては、中盤の不穏さの醸し出しで観客側を騙しつつ、ラストの搭乗前の励ましの親友としての頼もしさ。なんたってときメモの好雄だもんね、そりゃーイイ奴だよなあと納得。そこに至るまでの過程では和泉はだいぶひどい奴だったが…

それにしても今回の事件の発端はキツイ。2188年の人類最後の15人になったのに、どうでもいいことで小競り合いをしてるんだから、天才達のやることは違うなあと思ったね。東雲先輩もヤバいがとにかく関ヶ原がヤバすぎる。人類の存亡がかかってたのに殺しの依頼とか厨二すぎるだろ!!お前は地球に帰れや!!そんな中での癒しは南さんと三浦さんの安定感でしたね。チクショーお幸せに!!

最初に戻ると、これらの構成要素を最大限に感受できるのは日本人であり、プレイしないのは本当に本当にもったいないので、ゲームが少しでも好きな人たちへの布教活動を今後も続ける所存です。製作に関わった方々に最大限の感謝を!!